ほうけい手術 ツートンカラー

  • HOME > ツートンカラーが気になってしまう

ツートンカラーが気になってしまう(I.K 31歳 名古屋)

包茎手術した当時は先生曰く、ツートンカラーになってしまうのはある程度は仕方がないことだ。 と、きちんと説明を受けた上、自分自身も納得した上での手術だったので何の問題もないのですが、 しかし、時間が経つとやはりツートンカラーが気になって来てしまいました。

手術したのは20代前半で今は30歳になったばかり。
手術した当時はペニスに自信が持てないため、あまり異性との交流もなくセックスもそれ程経験がないため鏡や自分自身でペニスを見るだけでした。

歳を重ね多くの女性とセックスすることになる度、
「スゴイ、最初から剥けてる!」
と言う事がなんどもありました。

勃起した状態では「何この線?」とツートンカラーの手術跡を聞かれる事もしばしば。 意外と女性って仮性包茎だの真性包茎だのあまり詳しくないし分かっていない人が多く、「包茎」イコール「ダサい」と言った感覚的なものしかありません。

今となっては真性包茎なら手術は必要かもしれませんが、 仮性包茎ならわざわざ手術する必要は無かったのかな?と今更ですが思います。

恥ずかしいという感覚だけならやらなくても良かったと思います。

ま、包茎手術したからこそ今の自分がある訳で、そのまま手術せずに居たらこんなことを考えることもなかったとは思いますけどね。

上野クリニックの手術に失敗したとかの後悔では無いのですが、ツートンカラーはもう少し何とかならないもんでしょうかね。


上野クリニック

包茎は、自分だけで判断するのは禁物です。先ずは専門家のカウンセリング(無料)を受け、治療についてクリニックと相談される事をおすすめ致します。 分からないこと、不安に思っていることはその時に全部質問します。

予約はインターネットで簡単に行えます。無料資料請求も以下から行えます。

上野クリニック
 包茎手術  \75,600〜
 吸収性糸を使用しますので抜糸の必要ありません。
 特別手術  \157,500〜
 ナイロン製糸使用で、より自然な仕上がりの手術です。
 治療方法  切除ラインが亀頭の傘の下に隠れる
 『複合曲線作図法』

−おすすめ7つのポイント−

1・24時間体制の無料相談電話&メール受付あり

2・安心の全員男性スタッフ

3・20万症例以上の治療実績による、一人ひとりにベストな治療

4・他院で行った手術跡の修正手術も毎年1000件以上の実績

5・無痛4段階麻酔システムを開発

6・他の患者さんと顔を合わせない完全予約制

7・仮名申込み受付もできる徹底した秘密保持